脳梗塞 既往症

脳梗塞の既往症を持つ方の保険の入り方|持病がある方にもおすすめの保険

脳梗塞の既往症がある方の保険加入|持病がある人にもおすすめの保険とは

持病がある人に一番おすすめの保険は何でしょうか?
それは一般の保険です。

 

持病があるというと、すぐに告知項目の少ない限定告知型保険・引受基準緩和型保険や、告知項目のない無選択型保険を勧められることが多いです。
しかし、どうしても保険料が高かったり、保険金の給付金が少なかったり条件が悪くなります。

 

脳梗塞の持病(既往症)がある場合でも、初めから一般の保険には入れないとあきらめないで、まずは一般の保険会社から検討するようにしましょう。
複数の保険会社に申し込みをして、まずは入れるかどうかの可能性を検討することが重要です。

 

保険会社によっては条件が付かずに入れる…なんてこともあるかもしれません。
1件に断られたからといって、諦めるのは早いかもしれませんよ。

 

 

条件が付かずに入れなかった場合でも、条件を付けることで加入できるかもしれません。
では、どのような条件が付くのでしょうか?
大きく三つの条件があります。

 

まず一つ目にあげられる条件は、「部位・疾病不担保」です。
これは、保険会社が定める特定疾病・部位不担保法に基づいて、特定の病気や身体の部位に生じたケガによる入院・手術に関して保障しないことを条件として、健康状態が保険会社で定める基準に適合しなくても保険に加入できるようにすることです。

 

 

二つ目の条件は「割増保険料」です。
通常の保険料の支払いに対し、保険料を割増しにすることで保険に加入できるようにします。

 

例えば、普通なら標準保険料が10,000円での加入できるのに、健康状態によっては割増保険料として15,000円と割りますことで加入できるようにするということです。
持病を持っている方は、それだけ、病気になる危険性が高いので、保険会社は余分に保険料を支払わなくてならなくなるので、その補充として徴収するということになります。

 

 

三つ目の条件は「保険金削減」です。
これは、保険契約後、一定期間は保険金が一定の割合、削減されるというものです。
そして、保険会社が定めた一定のき完を経過すると満額支払われるようになります。

 

このように、条件を付けることで一般の保険にも加入できる可能性があります。
持病を持っている場合、現在なら条件付きで一般の保険に入れるのに、条件が付いたために、保険加入を見送ってしまうと、何年かして保険に入ろうかな?と思ってもさらに健康状態が悪くなっていることもあります。

 

そうなるの、さらに加入条件が厳しくなるので、今現在の状況と将来の状況をよく考えて、十分な検討をしましょう。

 

その検討をするのに大変役に立つのがプロによる保険相談です。
保険のプロが総合的に判断してくれますので、時間の節約にもなるし、何より確かです。
特に、持病がある場合は保険加入の判断も難しくなるので保険のプロ(ファイナンシャルプランナー)のアドバイスを受けるのは大変有意義なのではないでしょうか。

私の利用した無料の保険相談「保険マンモス」

保険マンモス

私が利用させてもらった保険相談です。



「脳梗塞を患ったことがあるために保険に加入できるか心配だ。」という気持ちをくみ取って、親身になって保険について一緒に考えてくれました。

私にとって最良の保険を提案してくれて、とても満足できた、おすすめのところです。

脳梗塞のために保険に加入できるかどうか不安な方は、ぜひ一度相談してみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ