脳梗塞 保険 加入

脳梗塞を発症した方の保険加入について|保険のタイプと検討手段

脳梗塞を発症した方の保険加入|保険のタイプと検討手段について

脳梗塞を発症したことで保険の加入を諦めている・・・そんな方が多いです。
たしかに、脳梗塞を発症すると一般の保険には加入しずらい場合が多いです。
だからといって、一つの保険会社に断られたとしても、他の保険会社なら入れたという場合もあります。

 

脳梗塞を発症したことがあるからといって、保険加入を諦める必要はありません。

 

脳梗塞などの持病(既往症)がある場合はどんな保険に入れるのか?
それを知っておくことことが大変役に立ちます。

 

 

持病があるときに入れる保険には3つのパターンがあります。
@一般の保険A限定告知型保険・引受基準緩和型保険B無選択型保険です。

 

一般の保険の方が保険料が安く、また、保障の範囲も広いです。

 

 

ですので、検討する順番は、

 

@一般の保険A限定告知型保険・引受基準緩和型保険B無選択型保険

 

の順番で検討するようにしましょう。

 

 

最初に検討するのが一般の保険です。
この一般の保険に加入できるのが一番いいのですが、持病の状態や既往症のため、そのままの状態では入れないことが多いです。
しかし、保険料を割増しにしたり、条件を入れることに加入できる可能性があります。

 

持病を持っているからとあきらめず、いろいろな保険会社に申し込みをしてみて、保険会社の反応をみてみると良いでしょう。
もしかしたら、いい返事が貰えるかもしれません。
行動することがとても重要です。

 

 

一般の保険に入れなかった場合、次に検討するのが、限定告知型保険や引受基準緩和型の保険です。
告知項目が一般の保険より少なく、簡単な告知のみで入れるので、持病を持っていても比較的入りやすいです。

 

また、既往症が再発した場合や悪化した場合でも、入院・手術は保障の範囲内となるため、持病を持っている方には安心です。
しかし、保険料は一般の保険より割高となったり、保険の給付金が一般の保険より少なめとなります。
メリットとでデメリットをよく把握しておきましょう。

 

 

限定告知型保険や引受基準緩和型保険に入れなかった場合、最後に検討するのが無選択型の保険です。
無選択型保険は告知なしで入れるので誰もが入れます。
誰でも入れる反面、保険料が割高であったり、既往症が再発したときや、悪化した場合の入院・手術は保障の対象外となります。

 

持病以外の病気やケガに備える場合はいいのですが、持病に備えたいときには意味がありません。
何に備えたいのかよく考えて加入を検討しましょう。

 

また、今現在は無選択型保険にしか加入できない場合でも、一定の期間、持病の再発や悪化がなければ、限定告知型保険や引受基準緩和型保険に乗り換えることができる場合があります。

 

無選択型保険に加入した後だからこそ、自分の身体の状態に合わせて保険の見直しをすることが重要です。

 

このように、持病を持っている状態でも加入できる保険はあります。
最近は無料の保険相談所もありますので、まずは相談してみて、あなた自身に合う保険を探してみてはどうでしょうか。

私の利用した無料の保険相談「保険マンモス」

保険マンモス

私が利用させてもらった保険相談です。



「脳梗塞を患ったことがあるために保険に加入できるか心配だ。」という気持ちをくみ取って、親身になって保険について一緒に考えてくれました。

私にとって最良の保険を提案してくれて、とても満足できた、おすすめのところです。

脳梗塞のために保険に加入できるかどうか不安な方は、ぜひ一度相談してみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ