脳梗塞 再発 心配

脳梗塞の再発が心配!持病(既往症)があっても入れる保険について

脳梗塞の再発が心配な方へ|持病(既往症)があっても加入できる保険について

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血を総称して脳卒中といいますが、1981年(昭和56年)までは日本人の死亡原因の第1位、現在でも、死亡原因の第3位となっている恐ろしい病気です。
現在でも123万5千人もの方が脳卒中の患者であると推定されています。(厚生労働省 平成23年患者調査)

 

脳卒中には再発のリスクがあります。
そして、再発すると以前よりも重症となる可能性があります。

 

そもそも脳卒中は非常に入院期間の長い病気です。
脳血管疾患の平均在院日数は93.0日です。

 

病気の種類別で見ると、

 

脳梗塞…97.4
脳出血…126.9
くも膜下出血…96.1

 

と、主要な脳血管出血は約3か月強の入院期間が必要です。
また、再発のリスクも非常に高く、再発した場合、さらに重症化する危険性が高まります。

 

ですので、脳卒中を発症しないように、また、再発しないように予防することが非常に大切です。

 

とはいっても、どれだけ気を付けていても病気なので発症するときは発症します。
万が一発症した場合でも自分自身が困らないように、また、家族が困らないようにしておく必要があります。

 

特に資金的に困らないようにするために一番役に立つのが民間の医療保険です。
ではどうな保険に入ったらいいのでしょうか?

 

健康な時はほとんどの場合、心配しなくても保険に加入することができます。
しかし、すでに脳梗塞や脳出血、くも膜下出血を発症している場合、一般の保険に入れない場合があります。

 

そんなときに役に立つのが引受基準緩和型の医療保険です。
引受基準緩和型の医療保険なら、一般の保険よりも告知項目が少ないので、告知項目に当てはまらなければ加入できます。

 

また、引受基準緩和型の医療保険に加入できなかった場合にも、告知なしで入れる無選択型保険というのもあります。

 

病歴があったとしても入れる可能性のある保険はあります。
一つの保険会社に断られても、別の保険会社なら加入できることもあります。

 

いろいろな保険会社を当たってみれば加入できる保険会社を見つけることができるかもしれませんので諦める前に相談してみましょう。

 

相談するときにおススメなのは無料の保険相談です。
保険のプロが無料で相談を請け負ってくれるので時間の無駄が省けるし、的確なアドバイスをしてもらえます。
まずは、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

私の利用した無料の保険相談「保険マンモス」

保険マンモス

私が利用させてもらった保険相談です。



「脳梗塞を患ったことがあるために保険に加入できるか心配だ。」という気持ちをくみ取って、親身になって保険について一緒に考えてくれました。

私にとって最良の保険を提案してくれて、とても満足できた、おすすめのところです。

脳梗塞のために保険に加入できるかどうか不安な方は、ぜひ一度相談してみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ